浜崎あゆみ
ayumi hamasaki RMX WORKS FROM
ayu-mi-x 5
non-stop mega mix

脚注1

浜崎あゆみ 5thリミックス・アルバムです。
今回のアルバムから、リミックス・アルバムをayumi hamasaki RMX WORKSと呼んでいます。ayu-mi-xの番号も ローマ数字のXではなく、アラビア数字の5となりました。内容的にも、そうした内容だけあり、今までのリミックス・アルバムとは根本的にムードが変わっています。そうした背景がありますので、このリミックスアルバムから、アルバム・インデックスでリミックス・アルバムにつけていた「非あゆ系」という語を「あゆ系」と変更しました。

今後は、非あゆ系のリミックスは海外で発売されているアルバムが中心になるんですかねー。音楽には、かなりローカル性があるので、結構秀逸な戦略かもしれない・・・

しかし、このタイプのリミックスになると、リミクサーはかなり大変だろうなー・・・
なんと、1年半ぶりのリミックス・アルバムでした。
実は、長い間リミックスアルバムがでないので、もう出ないのだろうかと内心心配しておりました・・・(^^;。最近の曲は、リミックスが難しそうでしたし・・・。
日本のリミクサー中心なので、のんびりした感じが、またいいです。
このメガミックスは、LOVEPPEarsdisc2のayu's HOUSE MEGA-MIX "N.SHouse Mix"からメガミックスを行っていたSHOJI UEDAがサブにまわり、naohiko Watanabeが行っています。これまでのメガ・ミックスと違う感じがあります。しかし、新しいアーティストを起用することに、躊躇ないですねー。また、リミクサーとして新しく、NEWDEALUBATMAR.COMDJ REMOCONSINGOが登場しています。Dub Master Xは、Izumi"D.M.X"Miyazakiであると勝手に思いそう分類しております。
ところで、私は浜崎あゆみのnon-stop mega mixシリーズがかなり好きです。仕事中にかけていることが一番多いアルバムです。
このアルバムは、HDCDエンコードではありません。


avex AVCD-17379 \3,059
オリジナル発売日 2003年9月25日


すべての作詞は浜崎あゆみです。
master Mix & Produced by naohiko Watanabe, SHOJI UEDA

01 free & Easy "Huge Heavely Mix"

remix by Huge

02 Real me "RAM RAIDER REMIX"

remix by RAM RIDER

03 everwhere nowhere "NEWDEAL REMIX"

remix by NEWDEAL

04 WE WISH "Dub's Club Remix"

remix by Dub Master X

05 July 1st "Dub's Fun FUn Remix"

remix by Dub Master X

06 Close to you "NEWDEAL REMIX"

remix by NEWDEAL

07 voyage "Dub's OLD Style Basic Remix"

remix by Dub Master X

08 HANABI "ARIWA Dub Mix"

remix by Mad Professor

09 HANABI "天の岩戸開いたよREMIX"

remix by UBATMAR.COM

10 OVER "Dub's Overload Remix"

remix by Dub Master X

11 everlaSTlink dream "Rainbow Dew Drop Mix"

remix byCMJK

12 Heartplace "dj Remo-con Remix"

remix by DJ REMOCON

13 Dolls "Dub's Wax Figure Remix"

remix by Dub Master X

14 independent "Daylight Mix"

remix by SINGO

15 voyage "83Key's Eternal Remix"

remix by 83key


脚注1

Macrovision(現在はMicrosoftがオーナーだったような) CDS200(Cactus Data ShieLD200) によるCCCD(Copy Control CD)、つまりコピーできにくいようにしているCDです。CD-DA規格を利用しているCDドライブ(パソコンなどに組み込まれているCD、DVD、CD-Rドライブ)で再生しにくいようにフォーマットを変則的に使用するという方法を採用しています。Macrovision(現在はMicrosoftがオーナーだったような) のプロテクト技術のいちばんのお客さんは、日本でしょうか・・・(^^;・・・。率直なところ、CDS200によるプロテクト?はそう厳重なものではありません。音が悪くなるという人がいるけど・・・HDCDエンコードのかけ方間違える方が影響が大きいと思いますね、聴いた限り・・・。


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com