私のリスニングルーム (他の場所)


← リスニングポジションに設置されているカウチソファです。
イタリア製のもので、幅が2.5mです。すべてヌバックで張ってあり、ちょっと珍しいソファです。
このソファの高さは、背もたれが耳の位置よりも下になるサイズになっています。これは、音楽を聴いているときに、ソファによる反射音により影響を受けないようにするための配慮から、この高さのものを選びました。もちろん、デザインが気に入ったという事が第一ですけども。



←ソファの背面を撮影しました。
十分なエアボリュームが背面にあります。ですから、反射音による音のカラーが、比較的緩くなるようになっています。

また、リスニングポイントは、室内の定在波により低域が増強/減衰されにくい位置を選んでいるので、部屋の中心軸から意図的にずらしてあります。


←照明を撮影しました。
デジカメがこうした撮影を不得手にしているので、ストロボを使用しました。ですから、ちょっと変な部屋の明かりの感じになってしまいました。
照明はすべてダイクロハロゲンランプになっています。実は、私のマンションは、台所のシンク用照明などの一部を除くと、すべてがダイクロハロゲンランプやシャンデリアランプなどの、電球になっています。これは、蛍光燈などの放電型のランプの発生するノイズが嫌いであった事と、ランプ照明による影のある光が好きになっていた事が、理由になっています。


←私のCDはこれだけです。
といっても1つのバインダーに100枚のcdが入っていますので、全部では600枚弱のcdがあります。
ちなみに、CDのケースはすべて捨ててしまいます。ですから、特別なcdケースの場合なんかは、ちょっともったいないですね。

以前はここに書いたとおりだったのですが、浜崎あゆみのアルバムであんまり秀逸なCDケースがあったので、QUADRASPIREのcd棚も最近は使用しています。


←私のLDです。
全部で500枚ちょっとあります。
→私のLPです。
全部で200枚弱あります。
昔はlpをいつも聴いていました。ま、他に聴くものが無かったわけですから、しようがありませんけども・・・。
このころの私はクラシックしか聴きませんでしたので、すべてクラシックのLPです。ちなみに、CDのクラシックは100枚程度しかもっていません(^^;


電話機は、有線のアナログ電話を使用しています。これは、ワイヤレスホンによる電源ノイズを嫌ってのことです。
写真の電話機は、日本に正式に輸入されていない、B&O 1600という電話機です。アメリカ向け仕様のものを購入して(購入したのはハワイでした)使用しています。日本の電話機よりも使いやすくてオシャレというのが、この電話機のうりですね。ちなみに私はISDN回線を使用していますので、TAのアナログポートにつなげています。



-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com