トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ
徒然酒 四方山ウェアハウス
四方山ウェアハウス トップ カクテルインデックス ビールインデックス

お酒が飲めなくてもバーは楽しめる


お酒を飲めなくても、バーは楽しめます

お酒は、体質で飲めない方もいらっしゃいます。
そうした方は、お酒を飲んではいけません。
では、そうした方は、バーは楽しめないのでしょうか。
いえいえ、実は、ノン・アルコール・カクテルというものがあります。
これは、特に名前があるものではなく、ジャンルで呼ぶものです。
実は、ミックス・ジュースみたいなものです。
しかし、その内容が違います。
バーで利用するフルーツは、最高級のものです。その最高級の旬のフルーツを利用して作ってくれるのが、ノン・アルコール・カクテルなのです。
ただ、お店にあるフルーツの量には限りがあります。
以前に、かなり酔ってから赤坂のバーに行きました。
で、もうアルコールはいいやと思い、ノン・アルコール・カクテルを何杯も戴きました。

「おいしい、おかわり」
「すいません、本日ご用意しているフルーツが終わりました」
「ごめんなさい・・・(^^;」

バーは、最高級のフルーツを使いますけど、仕入れの量は限られています。
完熟のフルーツは、保存が利かないので、量が少ないんですよね・・・(^^;

ノン・アルコール・カクテルにまつわるお話・・・バーテンダーに怒られた・・・(^^;

オリオンズに酔って入ったときです。ま、私は酔っていても、人から見てわからないタイプなので、そうとはわからないと思います。
カウンターに座ったら、新しいバーテンダーさんがいました。

「なんにされます」
「ノン・アルコール・カクテルを」
「・・・うちはね、バーで、お酒を売っているんだ。お酒を飲まないと、困るんだよ」
「ごめんね、酔っててさ、アルコールでないほうがいいと思ってさ」
「・・・」

こうした話をしているのに気付いた、年季の入っているバーテンダーさんがあわてて来てくれました。

「かるばどすさん、申し訳ありません。ノン・アルコール・カクテルですね、今日はパッションフルーツでいいものがありますが、それでよろしいでしょうか」
「ありがとー」

まあ、私はtシャツgパン、教えてやるくらいの気持ちだったのでしょうか。
でも、バーテンダーの基本は、実は接客・・・お酒はその次です・・・この新しいバーテンダーさんは、次回に行ったら、もういませんでした。
バーは酒を売る・・・理屈はそうだけど、お酒が飲めないときもあるわけで、それは、客が決めること・・・(^^)

ノン・アルコール・カクテルにまつわるお話・・・高級バーが得意なものです

オテル・ド・ミクニの戸田さん
有名なこのレストランで創立以来バーを担当してらっしゃいます。この世界では有名な人のお一人

利用するフルーツは、完熟のものが多いのが、バーの特徴です。
そうしたフルーツは、全くもたないので、ある程度客がよく来る、人気のある高級バーでないと、仕入れることが出来ません。そうしたバーは、比較的単価も高いので、高級バーです。また、レストラン併設のバーとか、ホテルのバーは、仕入れがあるのでフルーツを使うものは得意です。たとえば、オテル・ド・ミクニのバーでは、オーダーすると、厨房から旬の最高級フルーツをもってきて、使ってくれます。
単価の安いバーは、ジュースに瓶入りや缶入りのものを使いますから、ノン・アルコール・カクテルはあまり得意ではありません。お店としては、ちょっとそれを気にしたりする場合もありますので、バーテンダーさんの顔を見て、あまりオーダーしないほうがいいかを判断しましょう。
ところで、お店で使うジュースは、開店の前に1日分のジュースを絞って、それを利用する場合があります。ただ、こうして溜め置きしたジュースは、ちょっと香りとか味が落ちたりします。ですから、絞りたてのジュースを使って欲しいときは、「フレッシュで」と指定します。場合によっては、「フレッシュで、必ず今絞ってね」ということ、うるさい客とは思われますが、確実です。

ウーロン茶は、ないバーが多いのでした

レストランはともかく、高級なバーではウーロン茶がないことが少なくありません。
使い道があまりないからです(照葉樹林のようにウーロン茶を利用するカクテルも皆無ではないのでけれど)

ですから、お酒を飲めないとしても、ウーロン茶のオーダーは、ちょっと考えましょう。

-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com