■ クリスタル ケイ ライブラリ ■
since 2001/04/07

クリスタル ケイ ライブラリは、かるばどすほふでも初期からあるコンテンツのひとつで、クリ(クリスタル ケイ)が1999年にデビューしてから2年後に作りました。

クリスタルケイの本当の姿は、アルバムからは伝わり難いものがあります。それは、プロデューサーの意向もあるでしょうし、本人のいろいろな考えもあることでしょう。

初期のクリスタル ケイは歌のうまい天才少女でしたが、アルバムCrystal Style以降のクリスタル ケイは、クリスタル ケイとはなんであるかを明らかにしつつあると思います。そこで、旧来のライブラリの構造を改め、新しいデザインに2005/03より移行しました。

現在は、Rap/HipHopのカラーが強い彼女ですが、ライブに行けばわかるように、そうしたジャンルは彼女の一側面にしか過ぎません。本当の彼女は、ジャンルに捕われない表現する力を持っています。そうした姿を、どのようにアルバムやライブで表現してくるのか・・・これからも目が離せないアーティストです。


クリスタル ケイ
(Crystal Kay Williams)

1986年に生まれた彼女のデビューは13歳・・・天才歌手として登場してから、焦らずに今日まで実力を高めてきたアーティスト。母親は、在日韓国人3世のシンガーであるシュンケイ(デビュー時はシンシアという名前で、再デビュー時に本名になりました)、父親はアメリカン・ブラック。アメリカ国籍を持つ、ハマッ子で、アメリカンスクールで学び、2004/10からは日本の大学で学んでいます。そうした自分を隠すことが無い彼女は、あまりそのことが知られていない時にでも、自分でそうカミングアウトするので、知らないでいたファンが「え」と驚く光景も、昔はありました。

彼女は、アメリカでの活躍を夢見ていた時代がありますが、そうした泣きながら訴える彼女に対して、母親であるシュンケイは「アメリカにそのまま行って、いまのハンディキャップを簡単に超えられと思うの!!」と強く語りました。そんな母親を「ロールモデル」として、強く生き、着実に進むことを学んでいった彼女は、アメリカや日本に捕われることなく、世界に着実に進むことを選ぶ道にを歩み始めたのでしょう。

そんな彼女は、焦ることなく、自分の世界を作り出そうとしてます。

そんな彼女は、広大な、でも、白いキャンバスでした・・・Rap/HipHopという音楽は、彼女のような天才にとっては、手段に過ぎないのではないかと思います。

音楽の天才が故に早くに超えることが求められる大きな壁・・・伝えるものの昇華が彼女の今後のテーマです。
きっと、人生の節々にそれを見つけて、彼女はそれを形にしていくのでしょう。


クリスタルケイ ライブラリ

1999
シングル
01
Eternal Memories
シングル
02
TEENAGE UNIVERSE
シングル
03
こみちの花
2000
シングル
04
Shadows of Desire
アルバム
01
C.L.L (Crystal Lover Light)
2001
シングル
05
Girl's Night
シングル
06
Ex-Boyfriend
アルバム
02
637 always And forever
シングル
07
think of U
2002
シングル
08
hard to say
シングル
09
Girl U Love
アルバム
03
almost seventeen
2003
シングル
10
Boyfrend - part II-
シングル
11
i LIKE IT
コラボレーション
01
reeewind!
シングル
12
Candy
シングル
13
Can't be Stopped
アルバム
04
4real
2004
シングル
14
Motherland
シングル
10
Boyfrend - part II- (再発売盤)
アルバム
05
CK5
DVD
01
CK99-04 MUSIC ColdPS
シングル
15
Bye My Darling!
2005
シングル
16
Kiss
アルバム
06
Crystal Style
シングル
17
恋に落ちたら
シングル
18
Two As One
2006
シングル
19
Kirakuni/Together
アルバム
07
Call me Miss...

昔のライブ等の資料

ライブでの、14歳のクリスタル ケイ
2000/11/26 原宿クロコダイルにて

13歳でデビューしたクリスタル ケイは、いつも走り続けていたのではありません。

大切に、音楽を学んでいった彼女は、2000年のころは小休止していました。

そんな時に彼女がはまっていのが、ゴスペルでした。

このライブは、母親であるシュンケイがコーラスグループで行っていた時に、1曲呼ばれて歌っていたものです。

「娘のクリスタル ケイです。最近ライブで歌う楽しさを覚えちゃったみたいで、一曲歌いたいと言っています。スキャットでゴスペルです」

歌い終わった後、会場は息を呑んでシーンとしました。そして誰かがつぶやきました。

「天才だ・・・」

その後、割れるような拍手に会場が包まれました。

■ ライブ・レポート ■


ファースト・ワンマン・ライブ
2001/12/25 横浜Bay Hall

クリスタル・ケイの初めてのワンマン・ライブは、15歳のときでした。

ダンスなどのトレーニングをしていたクリスタル・ケイは、抜群のリズム感とスピードで、歌い、踊ってしました。バックダンサーとバックコーラスは、そうしたクリスタルケイについていくのがやっとでした。

コンサート後にバックコーラスの方が、「とても焦った・・・音程が正確で、声が透明なため、私達がちょっとでも音程をずらせたり声が震えてしまうと、不協和音になってしまうので、歌うのが大変だった」と話していました。

クリスタル・ケイでないと、こんに話題は出ないですよねー・・・(^^)

■ 当日の写真のあるページ ■


リンク

オフィシャルホームページ www.C-Kay.com

昔のインデックスページはこちら


Google
  Web www.calvadoshof.com