金杯
場所

銀座5丁目

お店のタイプ

赤提灯の焼き鳥屋さん

お薦め度

お勧め

料理

有楽町のガード下は、銀座の赤提灯街。
でも、さすが銀座で、くるお客さんが洗練されているために、お店も内容で勝負しています。
そうした中でこのお店は、オリジナルの「つくね」がお勧め。オーナーが何回も変わり、味も落ちたけど、いまだに秀逸なのはさすが。

お酒

ビール、チューハイ。値段は380円から500円。ちょっと変わり種のお勧めは「電気ブラン」。日本初のバーである浅草 神谷バー が作り出したカクテルです。400円くらいだったかな。

費用

お勧めのつくねは1本250円。
もちろん焼き鳥とか煮込みもあります。
大体2000円もあれば結構楽しめます。

支払/特典

支払いは現金だけ

寸評

焼き鳥は東京を中心とした食べ物の典型です。その中で金杯は赤提灯の典型かも。
夏になると、道路にビール箱を使ったテーブルをいっぱい出して、風を楽しみながら一杯行けます。

サイドストーリー

-広告について-