モバイル・オーディオ日記


本体 現在使用中!

ヘッドホン/イヤーホン 現在使用中!
今、使用しています
まあ、気に入っているのか、それとも、次善と思っているのかは
製品についての解説をご覧くださいませ


本体 現在使用中!
Microsoft Zune
2006年-現在
使用中
発売は2006年11月、マスコミのご評価によると、Apple iPodキラーとか…私が見ると、MicrosoftがWMAのプレイヤーを満足に作れる会社がないので、我慢できなくて作ったというか…そんな気がしました。

東芝が製造会社ですが、OEMというよりも、単なるハード開発機能を持った工場扱いという感じです。この製品は、欧米人の監督下で作られている、欧米の製品として理解した方が、良いと思います。結構、センスいいです。
ただ、日本で使用するには…マイクロソフトの音楽ダウンロードサービスのデータベースがめちゃくちゃなので、当分は、普通に展開することは出来ないでしょう。

タイプ
HDDプレイヤー
音楽の供給方法
USB2.0接続で、PCよりダウンロード
PCには、Zune Softwareが入り、同期をとる方式で、Zune Device(本体のこと)に音楽や映像を提供します。
映像の供給方法
音質
良く練られた音
サイズ
縦112mm、横61mm、厚さ15mm
重さ
159g
ディスプレイ
3インチ 320*240ピクセル
内蔵LAN
802.11 b/g、10mまで
価格
249.99USD
発売
2006/11
対応フォーマット
WMA(320Kbps), MP3、AAC
マニュアル指定は192Kbpsまで
Jpeg(すべての解像度に対応していますが、Zuneにコピーされる時に640*480に自動変換されます)
WMVの映像、他の形式や解像度の違いは自動変換されます
FM
チューナ
アメリカ、ヨーロッパ、日本に対応
付属品
安っぽいヘッドホン
USB接続ケーブル
記憶媒体
HDD
記憶容量
30G、または60G
再生時間
バックライトオフで10〜14時間くらい
他の特徴
ソフトウェアはPCソフトにより自動アップデートされます
現在は、英語版のみ

B&O BeoSound2 XSD
2004年-現在
使用中
発売は2002年、モバイルオーディオ機器としては、もの凄いロングランです。
この製品は、技術がなんだというものではなく、音がすべてという製品です。
B&Oは、BoeSound2ソリューションと呼んでいます・・・ごもっとも・・・。
タイプ
SDメモリカード・プレイヤー
音楽の供給方法
PCソフトによりUSBクレドール経由ダウンロード
SDカードに直接出力には形式にルールがあるので要注意
音質
良く練られた音
サイズ
直径73mm、厚さ23mm
重さ
90g
価格
結構高い
SDカード128M付き 8万円
SDカードなし 7万円
発売
2002/04
対応フォーマット
WMA, MP3 (AACもOKとの資料があるけど未確認)
付属品
B&O A8 Earphone / 評価の高いヘッドフォン
USB クレドール (USB 1.0)
PCで稼動するB&O BeoPlayer
記憶媒体
SDカード / 交換可能
記憶容量
SDカードにより128-512Mbyte以上
再生時間
8-10時間と短め
他の特徴
ソフトウェアはPCソフトにより自動アップデートされます

購入の経緯 オーディオの遍歴 きっと、いつか、質の時代へ… をご覧くださいませ
サイド・ストーリー

2004/06/15 06/21 06/22 06/26 06/30 07/03 07/06 07/09 07/16 07/18 07/20

ヘッドホン/イヤーホン 現在使用中!

現在使用中のヘッドホン/イヤーホンは4種類です。
気分で使い分けていますが、一番使用しているのは、MONSTER Beats by Dr. Dreです。

MONSTER Beats by Dr. Dre headphone
2006年-現在
使用中
ノイズキャンセリングヘッドホンは、独自にアンプを内蔵できるので、本当はちゃんとした製品が作れそうなもんですが、これまでまともな製品に、ついぞお目にかかったことがありませんでした。どの製品も、???な音質だったのでした。

しかとし、ついに「これなら音楽楽しめるジャン」というノイズキャンセリングヘッドホンに巡り合いました。それが、このMONSTER Beats by Dr. Dre HeadPhoneです。
shure E530PTHの渋い音とは全く違うこの音は、ピップポップで有名なDr. Dreのリクエストに応えてMONSTER Cableが作ったという、ふーん…という製品です。ヒップホップやPOPSは、ハイスピードな音が必要なので、それをそのまま実現しています。
付属のISOnitalkケーブル には、Apple iPodで使用できるマイクと応答ボタンが内蔵されていますが、それ以外にローパスフィルタも内蔵していると思います…音からの判断ですけど…iPodやZuneなどの内臓デジタルアンプのノイズカットをはたしているみたいですね。
内部インピーダンスの低い高性能乾電池の使用がお勧めです。

タイプ
ノイズキャンセル型(デジタルアンプ駆動)
音質
帯域間の極めて広い音質、透明でスピード感のある厚い低音と、スカッとした高音…クラシック音楽くらいではもったいないですね。
重さ
不明
スピーカータイプ
不明
周波数特性
不明
インピーダンス
不明
感度
内蔵デジタルアンプによる直接駆動
コード長
1.3m
プラグタイプ
3.5mm ミニジャック
価格
350USDくらい
Apple Store Japanでは44000円…高いですね…アメリカでは割引で250USDの場合もあるのに…
発売
2008年
付属品
キャリング・ケース
MONSTER CABLE 2種(ストレート(赤)、iSoniTalkケーブル(黒))
クリーニングクロス
単四乾電池2本
標準/ミニジャック変換アダプタ

shure E500PTH
2006年-現在
使用中
SHURE E5Cの後継機種です。SHURE E5Cの問題点であった、ちゃんと音が出る装着スタイルがとても限られているという問題が、解決されており、使い易くなり、また、耳にも楽になりました。

また、音質も、よく練れた音になってきており、好感が持てます。
pthなど新機軸もありますし、2種類のエクステンションケーブルが用意されていますが、私はなにも使わずそのまま使うほうが、好みです。

タイプ
イン・イヤー型(アイソレート型イヤーホン)
音質
帯域間の広い音質、よく練った音で、自然な感じの音質になってきている。
重さ
30g
スピーカータイプ
高解像度バランスドライバー*3 / ch
周波数特性
18-19KHz
クロスオーバー周波数未発表
インピーダンス
36オーム
感度
119dB SPL/mW
コード長
50cmくらい
プラグタイプ
3.5mm ミニジャック
価格
結構高い
499USD/5-6万円・・・かな
発売
2006年7月
付属品
キャリング・ケース
エクステンションケーブル、9inch、3Feet
PTH Control(Push to heare/外部音を聞く機能です)
FIT Kit 3種類

shure E5C
2004年-現在
使用中
長くオーディオをやっている人なら、「え、shureがイヤーホン?」と思います。マイクやmmカートリッジでは歴史がありますが、ヘッドホン/イヤーホンの歴史は浅いのでした。

でも、この製品、なかなかです。
イン・イヤー/アイソレート型でありながら、使い勝手や音質はよく練られているのでした。アイソレート型の傑作です。

タイプ
イン・イヤー型(アイソレート型イヤーホン)
音質
帯域間の広い音質、練った音ではないけれども不快ではない
サイズ
幅35mm、高さ59mm,厚さ14mm
重さ
31g
スピーカータイプ
低質量/ハイエネルギー・マイクロスピーカー*2 / ch
周波数特性
未公表 インピーダンス特性は30-20KHzで安定
クロスオーバー周波数1KHz
インピーダンス
110オーム
感度
122dB SPL/mW
コード長
1.55m/61inch
プラグタイプ
3.5mm ミニジャック
価格
結構高い
499USD〜629USD/5-6万円・・・かな
発売
2004年
付属品
キャリング・ケース
FIT Kit 3種類

サイド・ストーリー

06/30 07/03 07/06 07/09

B&O A8 Earphone Type6405
2000年-現在
使用中
かるばどすほふにも、度々登場している、B&Oのヘッドホンの名作です。初登場は2000年、当初はEarphone 2000と言っていましたが、後に名称が変わり、A8 Earphoneというようになりました。

私は、もう2つ使い潰して、今は3つ目を使用しています。

タイプ
イン・イヤー型(耳甲介腔装着型イヤーホン)
音質
良く練られた音
サイズ
幅35mm、高さ59mm,厚さ14mm
重さ
22g / イヤホンのみ片耳では8g
フィッニッシュ
アルミニウム
周波数特性
50-20,000Hz
インピーダンス
19オーム
コード長
1.2m
プラグタイプ
3.5mm ミニジャック
価格
結構高い
1万2千円・・・かな
発売
2000年
付属品
レザー・キャリング・ケース
延長コード
イヤーパッド

サイド・ストーリー

オーディオの遍歴 06 モバイルオーディオの至福 オーディオの遍歴 14 特別編 いける音は遠くない・・・

B&O Form 2 Headphone Type6404
2002年-現在
使用中
かるばどすほふにも、度々登場している、B&Oのヘッドホンの名作です。
ニューヨーク近代美術館に1991年に収納されました。私は、ケーブル長を短く改造して使用しています。
タイプ
セミ・オープン型
音質
良く練られた音
サイズ
幅35mm、高さ59mm,厚さ14mm
重さ
130g(ケーブル込み) / ヘッドホン部68g
フィッニッシュ
アルミニウム
周波数特性
40-20,000Hz
インピーダンス
30オーム
感度
1AMV 94dB
高調波歪率
94dB 0.1%以下
コード長
3m
プラグタイプ
3.5mm ミニジャック
価格
結構高い
1万8千円・・・かな
発売
1986年

サイド・ストーリー

オーディオの遍歴 14 特別編 いける音は遠くない・・・オーディオの遍歴 16 きっと、いつか、質の時代へ…2004/06/15 06/21 06/22 06/26

-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com