<div align="center"><img src="../NewAudio/newone01.jpg" width="400" height="300" alt="" name="dispPic"></div><script language="JavaScript"><!-- animeCount = 5; animePics = new Array ( "../NewAudio/newone01.jpg", "../NewAudio/newone02.jpg", "../NewAudio/newone03.jpg", "../NewAudio/newone04.jpg", "../NewAudio/newone05.jpg" ); animeTime = new Array ( 5000, 5000, 5000, 5000, 5000 ); myNowCnt = 0; // 現在表示している画像番号 anime = 0; function myChange(){ // 定期的に画像を更新する関数 document.dispPic.src = animePics[anime]; delay = animeTime[anime]; anime++; if ( anime >= animeCount ) anime = 0; setTimeout ( "myChange()", delay); } // --></script><script language="JavaScript"><!-- myChange(); // --></script>デジカメ日記

1回潜るとバッテリーはほぼ終わり

水中撮影で使用すると、意外と電源を入れている時間が多くなります。なにしろ、シャッターチャンスを逃さないようにするためには、事前に電源を入れておく必要があるからです。
また、フラッシュも使う場合も少なくないので(もっとも内蔵フラッシュではあまり役立ちはしませんけども・・・)、バッテリーは1回潜ると終わりという感じがします。
ですから海から上がってからバッテリーチャージをすぐにするようにしたほうがいいようです。
また、1回潜ると64Mbyteがいっぱいになっている場合も少なくないので、海から上がると忙しいですね。
パラオではダイビンククルーズでしたからバッテリーの充電やデータのpcへの退避を簡単に行うことが出来ますが、通常のボートダイブの場合は、1回潜るごとのバッテリーチャージとデータの退避を行なえないので、撮影量を減らすか、メモリースティックとバッテリーの予備を用意する必要があると思います。

-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com