徒然酒(つれづれざけ)
2004/03/30 No.0273

飲んだお酒

2本
ビール
10杯
カルバドス・ストレート
新宿で呼び止められて

Momentsを買いに行ったら

今日は、浜崎あゆみのMomentsを買いに新宿に寄りました。
で、地下道から地上に出ようとしたら、呼び止められました。

「かるばどすさん!」
「え・・・あれ、いっちゃんじゃない、頭薄くなったねー」
「いきなりこれだ・・・(^^;」
「あれ、会社を辞めるって聞いていたけど」
「よくご存知ですね、明日で退職なんで、挨拶に来てたんですよ」
「へー、今晩どうするの、飲もうか」
「是非」

ということで、宴会を決めました。
いっちゃんは、以前の会社で、新人研修が終わってから第一ホテルの料亭でしゃぶしゃぶを食べながら、泣かしてしまったという仲です・・・(^^)。もう、何年か振りでした。はじめと、最後に、一緒に飲むというのは、人生の機微を感じます。こういうことって、あるんですよね。

 呼び込み居酒屋へ

夜、新宿で合流しました。
時間が早かったのですが、ちょっと雨・・・で、食事をかねて居酒屋に寄ろうということになりました。
私は、めったに居酒屋に行かないので(徒然酒をご覧になるとお分かりいただけますよね)
、かえって面白くて、呼び込みに誘われるまま付いていってみました。

「ね、かるばどすさん、こういう展開って、いい結果になったことないんだけど」
「へー、そうなんだ・・・人生初めてだもんね、オレ」
「そうだろうねー」

行った先は、いやらしいDVDの販売店の上の3階・・・中国の人がやっている居酒屋です。
980円で飲み放題といいながら、料理はコースのみ、2000円、2500円、3500円・・・で、2000円の料理の場合は、お通し代が400円・・・つまり、ひとり2400円以上の料理に、980円の飲み放題、料理付きでひとり3500円以上なのね。さすが、中国の人は、えげつないなー。
出てきたものは、料理なのかしら・・・スーパーで買ってきたものを並べているだけみたいでした。で、食べても大丈夫なのか心配になりました。だもので、ビールも生ではなく、瓶でもらいました・・・(^^;
制限時間は90分・・・制限時間ギリギリまでおりました。
しかし、この内容では、高すぎ・・・(^^;

新宿の呼び込み居酒屋にて
店内の光景・・・店員さんの写真は止めました…かなり都合が悪そうでした
このおふたりと、勤続22年のお疲れさん会
サラダらしい
冷凍枝豆はおいしかったです
パックから取り出したようないなり寿司
ぐちゃぐちゃのソース焼きそば
パックから取り出したような焼き鳥
これはお店で揚げてるみたい

 歴史あるキャバクラ、ゴンドラへ

ガゼルに寄ろうと思ったのですが、まだ時間が早かったのでした。
で、どこに行こうかと話していたら、ゴンドラへいこうか、というこになりました。
ゴンドラは知る人ぞ知るキャバクラです。新宿で一番古いキャバクラのひとつ、今は体調不良のため手放していますが、創始者は大蔵省の役人が燃えていたというノーパンしゃぶしゃぶもやっていた人です。
昔は石原裕次郎も利用したことがあります。ずーっと、写真が飾られています。
キャバクラというのは、キャバレーとクラブの機能を併せ持つという意味で、ホステスさんたちがショータイムをやると、キャバクラということになります。もっとも、最近は、時間制でハウスボトルを出し接客の女の子がいるだけで、キャバクラというみたいですけど。

「あら、かるばどすさん、お久しぶりじゃない」
「ご無沙汰・・・Oさんには挨拶しないの?」
「あら、いたんだ」
「いいんだ、オレは目だ立たないから・・・」
「あはは」

もともと、こうしたお店を知らなかった私ですが、Oさんが以前の会社の時に教えてくれたのでした。
健全で能天気に面白いので、ヨーロッパからのお客さんなんかを連れてきたこともあります。
この日も、欧米人のお客さんがいました。
お酒をキープしていなくても飲めるのと、能天気なのがいいとこです。
いっちゃんをだまして、女の子たちのスターティング時の踊りにまぜちゃった時を見ていて、「こういうお店ってのは、やっぱり必要だなー」と思いました。

ゴンドラにて
店内のネオン
石原裕次郎の記念写真
このお店の子達は写真に出るとまずいんですよね
一緒に踊らされてビックリのいっちゃん

-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com