徒然酒(つれづれざけ)2003/1/6 No.0005


飲んだお酒

2パイント KILKENNY(アイリッシュ・ビール)
1杯 jamaeson(アイリッシュ・ウイスキー)
1本 magners(シードル)  


仕事始めでした。
会社にちょっと顔を出し、「新年おめでとーございます」。
で、郵便物とかチェックして、マイクロソフトからWindows .NET Server 2003 RC1(RCはリリース・キャンディエートといい、出荷直前のバージョンという意味です)が届いており、今進めているプロジェクトに適応しなきゃなーと思いました。

ブログでRC2じゃないの・・・という話題がありました。時期的にはそうなんです・・・実は、ちょっと、おちゃめでこの話題を書きました。なんだか知らないのですが、会社に正式に送られてきたのが以前の会社の住所宛で、回送されてきたのですが、発送も12月吉日・・・もうすぐにRC2が出て、製品も出るでしょうに・・・(^^;

2002/1/12

で、社内の仕事はそこそこに、「じゃ、うちで書き物してるからー」と会社を発ちました。その足で、進めているプロジェクトの相手の会社に向かい、立ち話だか打ち合わせだかわからない打ち合わせを延々として、そして資料をもらい、別な会社にさらに打ち合わせ・・・気付くともう4PMでした。

余談ですが、仕事が忙しくなると自宅で仕事すること、結構多いんです。ですから、会社を出るときに「うちで仕事してるねー」というのは、よくある言い方です。これが、今に始まったことではなく、若い頃から似た感じで、以外と歴史があります。20年務めていた以前の会社では、入社3ヶ月目にして、机に向かってわからない英語のマニュアルを辞書を片手に読みながらプログラムを作っていて、疲れて眠くなってこんな会話を上司としました。

「すいません、眠くなったんでちょっとその辺を散歩してきていいですか?」
「・・・いいよ・・・」

今思うと、周りの人は凍り付いていましたが・・・
私は30分ほど散歩をして、会社に戻り、平然と仕事を続けていました。まあ、今考えると、問題児ですね・・・(^^;・・・当時はなんとも思っていなかったのですが・・・(^^;
その後も、「すいません、このプログラム作ってきますので・・・」と4日間ずっと家でプログラムを作っていて会社に出なかったとか・・・(もちろん有給扱いです・・・当時ですから・・・)。この間は、会社から本当に仕事をしているのか確認の電話が何回もありました・・・(^^;・・・(余談ですが出来たプログラムを見て上司が有給でなくていいよと言ってくれました・・・今思うと、いい上司ですね〜、今思わなくてもそうか・・・)。かと思うと、やることが大してないと、定時出社で定時退社、当時背中のほうに座っていた別の部の部長からは「だれだ、こんな奴入社させたのは・・・」なんていわれていました(ちなみに今その会社でその部長さんは会長になられています。コンテンツ中でも、ちょっとこちらで登場しています)。でも、仕事をしているうちに、必要であれば3日3晩徹夜で仕事をやって問題を片付けたりしているのを見てもらっていて、会社のみんなが私のパターンにあわせてくれるようになりました・・・(^^;・・・まあ、やることで認めてもらうという、正道を辿っただけなのですが・・・。
余談ついでですが、3日3晩徹夜したときは、付き合っていたIBMのPSCE(今はもう無い組織で、OSの問題解決の専門家でした・・・今はOS開発部隊に問題解決責任があるそうです・・・まあ、開発者が直接に遠隔で問題調査できるはずも無いので、問題解決は昔のようにはできない・・・というのが今ですけど)は2交代で3日間対応していて、3日目に協力しながら問題が解決したのが土曜日、そのままローレライに飲みに行き、ぱ〜っと飲んで、12pmに家で寝て、目が覚めたら月曜日の夜・・・そのとき夜は日曜の夜と勘違いしたもので、翌日に会社に出たら上司から「疲れているのはわかるが、会社を休むなら電話くらいいれろよ」と声をかけられ「え・・・今日は火曜なんですか・・・」と凍りついたという思い出があります。
こんな話題も、若い人には場合によっては役立つかも・・・と思いちょっと気張って書いてみました・・・(^^;・・・本当に役立つのかい・・・(^^?

家でやるべき作業もあるので、そのまま帰宅・・・でも、仕事のお電話をあちゃこちゃに・・・あっという間に6PMでした。

「ちっとも仕事にならないや・・・」

やるべき作業が出来ないので、そんな実感が・・・。
で、だんだん気分が落ちてきます。
まあ、いいや、晩御飯でも食べよう・・・で、電話して、この前生まれて初めて食べたもんじゃ焼きをまた食べようと、電話して人を巻き込み、月島の近く勝どきに食べに行くことにしました。で、時間の打ち合わせ中に電話が入りました。

「もしもし、s社のiです。あの・・・」

私は、その前に電話した内容の返事かと思い飛びついたのですが、は〜と思い、そうだ、誘っちゃえと思いました。

「よかったら、どうです、一緒に、何人でもいいですよ」
「わ〜、じゃ、頑張って合流します」

といいながら、合流できず・・・
下の写真が、もんじゃ焼きやサンでのものです。

このあたりのもんじゃ焼きはもお野菜も多く、ボリュームもたっぷり・・・渋谷のお店よりも良かったような気がします。でも、渋谷のほうが安かったかも・・・。
このときは、お酒は飲まず、今日も休肝日にしよう・・・と思っていたのですが・・・
この日はじめて知ったのですが、渋谷のお好み焼き屋さんと、勝どき/月島あたりのお店では、かなり質に違いがありますね。圧倒的に勝どき/月島の方が良いと思います。しかも、食べたお店は「もっといいお店があるから」と言われた程度のお店なのだそうです・・・これでも。
食事がてらのもんじゃ焼きを味わって、自宅に戻り、時間を見たらもう9PM、ちょっとパタパタしていたら、もう10PM、そうだやっぱ飲もー、思い、再びシャノンズへ・・・。
そしてコンテンツは、シャノンズで書いています・・・(^^;
飲みながら本を読んだり、pcを叩いたりは日常茶飯事なので、皆さん気にしません・・・(^^;
今日もオーダーはKILKENNYです。

で、調子に乗って書いているので、お読みのとおり・・・ははは・・・(^^;
KILKENNYを2杯飲んで、「う〜ん、アルコールが・・・ゆるいな・・・」
3杯目はjameson(ジェイマソンと読みます/アイリッシュ・ウイスキーです)のストレート、強いアルコールで、目を覚めさせる・・・ハインラインの小説に、ベッドから出た主人公に「お目覚めに、目が覚める強いアルコールの黒ビールはいかが」というシーンが出てくるものがありますが、そのにシーンは的を射ています。強いアルコールは、目がパッチリするんですね・・・飲み過ぎないと・・・(^^;
いやはや、なんとも・・・
ラストオーダーの声を聴いて、結局シードルを一杯・・・今日も飲んでしまった・・・(^^;・・・では、また次回に・・・(^^)/

Google
  Web www.calvadoshof.com