トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ

マイクロダイエットしちゃいました

2004/02/15,21,07/25

仕事で運動不足過ぎ・・・

ここのところ、仕事で運動不足気味です。
もともと、たくさん食べて、運動しちゃう方向で生活していたもので、ここのところ仕事で運動する時間がなく、そのためか、カロリーが欲しくありませんでした。そのため、食事そのものが食べたくなくなりました。
で、食べたい時だけ食べていたのですが、そうすると栄養バランスが維持できません。
今度は、お肌が荒れてきました。
で、ちょっと考えました。

「カロリーは欲しくない、食事は本当はしたほうがいい・・・困ったなー・・・サプリメント嫌いだしなー・・・」

で、テレビを何気無しに見ていたら、マイクロダイエットというものの宣伝をしていました。
必要栄養素を得ていれば、カロリーは低くても栄養障害を起こすことはない・・・という原理に基づいて、カロリーは低いけれども、必要栄養素をとることが出来るという、人工的な食品です。
あ、これならと思ったのですが、高いんですねー、値段が・・・。
シェイクタイプで、14食16800円・・・びっくりしました。
内容的に、そんなに特殊なものが入っているとは思えませんでした。
で、webサイトをちょっと見ていたら、シェイクで10食分を1缶にしたアメリカ製のmicro Dietが、4800円というのがありました。で、よく見ていたら、そのサイトは単なる輸入代行みたいです。

アメリカ製マイクロダイエット 92食セットより
    奥 : 左からシェイク2種とシリアル2種
    中 : ディナー4種とスープ
    前 : バー3種

で、アメリカのサイトを見たら、シェイクが10食用で17.95USD・・・2000円しないんです・・・(^^;
まあ、日本製のほうが質はいいんでしょうが、栄養価は変わらないか、日本のほうが少ないはず・・・。
で、アメリカのサイトを見ると、シェイクとスープだけではなく、シリアルあり、ディナーあり、クランチバーありで、毎日食べても飽きないようになっています。
92食のキットで、1ヶ月分が、179.95USD・・・これをオーダーしました。
重いので、送料は高く、96.25USD、トータルでは$276.20USDでした。
オーダーして5日ほどで到着しました。

体調がよくなってしまった・・・

食べ過ぎという気持ちはありませんでしたし、別段ダイエットしたと思っているわけでもありません。
といいながらも、マイクロダイエットは30日間、3食すべてこれだけを食べると10-16オンス(4.5〜7.2K)は体重が下がるという宣伝でした。ですから、もしも体重が落ちたら、65Kでマイクロダイエットは止めようと思いました。
日本では、3食マイクロダイエットにすることについて、医師の指導が必要となっていますが、アメリカでは、医師にかかると極めてお金がかかるので、そうしたことにはなっていません。
アメリカの製品は、日本のようにシェイクやスープのような液体ばかりではなく、シリアルやディナーが中心です。で、食物繊維も多く含まれています。また、体格の大きいアメリカ人用なので、ちょっと日本人には栄養素が過多かもしれません。
マイクロダイエットの原理は、低カロリーであっても必須栄養素を摂っていれば、栄養障害は起きないという、イギリスで発見されたものに従っています。
もっとも、飲むのは今まで通りしていますし、頭を使う仕事なので、砂糖の摂取が必要で、チョコやキャンディーのような間食もしています。ですから、1日に1〜2食だけ摂取することが多く、オリジナルのメニューどおりではありません。
また、低カロリーの状態では、脂肪ではなく筋肉が消費されることがあるので、運動量を多くしました。マシン・トレーニングをして、運動したときはマイクロダイエットにプロテインを加えるようにしました(こうしたトレーニングを行うと、筋肉が一定率で損傷を受けるので、修復にプロテインが必要です)
で、はじめて2週間・・・体重は2kくらい落ちたみたいです。
脂肪は、体のいろいろなところに蓄積されていたみたいで、一番初めに気付いたのは、体つきが筋肉質に見えるようになってきたことでした。体重が落ちるよりも、見た目が変わってきたのでした・・・(^^;・・・以前と筋力は変わっていないのですが、脂肪に覆われていたので、筋肉が目立つことは、これまでなかったのですが・・・。
また、少し体重が落ちたためか、すごく体が軽くなった感じで、体調がいいんですね・・・(^^)・・・予想もしませんでした。
また、お肌の調子が良くて・・・(^^;
実は、飲みすぎると肌が荒れることがあり、一回は医者に行ったことがあります。お医者さんの話では、それはバクテリアが原因だとか・・・副腎皮質ホルモンのクリームを出してくれたのですが、その際に「塗るとすぐに治ったように見えますけど根治しにくいので」と言われました。たしかに、お酒を飲むと再発・・・でも、診察時に5秒しか私を見なかったその医師の言うことを、どこか、信じていない私がありました。
実際に、生活パターンが変わると、肌荒れは収まったりしました。
結局、生活の乱れが原因だったんですよね。
で、マイクロダイエットにしてから、かなり肌の調子がよく、もう、旧名、関東逓信病院の診断は、あてにならないなーと実感しております。
また、舌がさらに敏感になっていて、いろいろな料理の味が強く感じられるようになりました。もっとも、ただでも美食家といわれることが多い私ですので、それがさらに味に敏感・・・というと、お店は大変な気きもしますけど・・・(^^;
こうした人工的な食事は、どうなのかなーと思っていましたが、かなりいいですね。
はじめにシェイクを食べたときに「アフリカの子供たちが食べている食事に見た目は一緒ね」と思いましたけど・・・。遥かに高額なものですから、一緒にしてはいけないのでしょうが・・・(アフリカの子供たちの食費は1回数円です・・・)
飽食の時代・・・カロリーをセーブした食事を食べるのも、大切なのかもしれないと、実感しました。

後日談1・・・

追加を頼もうと思ったら、アメリカから、「ゴメンナサイ、日本の代理店があるので、日本への出荷が出来なくなりました」とお詫びのメールが送られてきました・・・(^^;
私は気にしないほうなので、アメリカに行ってから購入しちゃうことにしました。
しかし、サニーヘルスめ、やるな・・・(^^;
でも、これで、アメリカで販売していたものが、全く正規なものであることがわかりました。
やっぱ、6〜7倍という価格差は、まずいんじゃないですかね・・・(^^?

2004/02/21加筆

後日談2・・・

病院で詳しく体を調べてもらっていたら、逆流性食道炎が見つかりました。
お医者さんと話していたら、「胸焼けするでしょう」とのこと・・・実は、人生初の胸焼けを体験したのは、マイクロダイエット開始1週間目でした。私の場合は、アメリカ式で1日3食とかをしていたので、胃液が出すぎてなったのでしょう。日本では、1日1〜2食という指導です。
マイクロダイエットも注意しないといけないですねー

2004/07/25加筆


-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com