トップページ CG オーディオ 音楽 カメラ ディープ やっぱ書いちゃう お気楽 喰いしんぼ、のんべ あちゃこちゃ ダイビング 自転車 映像 パソコン 真面目 宣伝 ブログ

アメリカの狂牛病とゼラチンカプセル

2003/12/31

専門外なんですけど、気になります

若い女の子なんかと食事していると、見ていて、健康補助食品を多く摂ることが多いなーと、いつも思います。
私自身も、疲れたときなんかに健康補助食品をとることはありますし、スタミナドリンクを飲むことも、稀にあります。でも、若い人たちは、食事の量よりも、健康補助食品のほうが多いんじゃないかなー・・・なんて感じることがあります。
かつて、アメリカでもそうした傾向がありましたが、日本でもそのほうが合理的と考えつつあるのではないでしょうか。私個人としては、そんなに栄養学の結論が正しいと思えない気持ちがあり、健康補助食品よりも、しっかりと食事をしたほうがいいと思うのですけど・・・
で、ここからが気になる話題なのですが、健康補助食品なんかは、目的とする主成分はそう多くなく、薬剤を構成する成分のほうが多くあります。

ゼラチンカプセルと牛の骨

この中で、牛の骨とかをベースに作っているものって、意外と多いんですよね・・・。
たとえば、ゼラチンです・・・。
ゼラチンからは、健康補助食品でよく使われている、ゼラチンカプセルが作られています。もっとも、狂牛病の問題が出てから、動物性素材を利用しないカプセルも開発され、使われつつあるのですが・・・。
ゼラチンカプセルの持つ危険性は、専門家の間では良く知られています。
以下に、厚生労働省が公表している2000年6月7日に行われた中央薬事審議会 企画・制度改正特別部会 議事録の一部を引用します。ここでの話題は、狂牛病ではありませんが、狂牛病の原因物質であるプリオンについての安全性を議論すると、ゼラチンカプセルの安全性までの議論が必要になることの指摘が、内山部会長から示され、文脈から、全員がそれを理解していることを示しています。
原文はこちらでそのまま読めます。

○内山部会長
 遺伝子組換え製剤について議論をすると申し上げているのではなくて、遺伝子組換え製剤についても、血液製剤でいろいろな被害を受けた方々からは不安があるのだということだけを私どもは理解をしたい。ですから遺伝子組換え製剤というのはそんな不安は問題ないくらいしっかりと管理され、安全性は確保されているというお話を今いただきましたから、それはそれでよろしいと思います。
○大平委員
 ここでは遺伝子組換え製剤の問題で、その安全性だけの問題ではないと思うのです。
○内山部会長
 それは後ほど申し上げます。
○大平委員
 ですからその辺でしっかり確保されているかどうかというところの問題についても、やはりこの審議会の中である程度は提示していただきたい。
○内山部会長
 そこのところですが、全部ここで何から何まで提示しろと言われますと、私、今違うと思ったのですが、そこまで話が発展しますと先ほどプリオンの話が出ましたが、ゼラチンカプセルの安全性までここに報告しなければならなくなるのです。したがってやはりここではここでやるべきこと、ここに報告されなければならないことの整理をしておきたいという感じがいたします。清水先生、いかがですか。
○清水(勝)委員
 ここで最も議論すべきことは、遺伝子組換えの安全性は別のところでもいろいろやられているようですからそれはそちらにお任せして、前からちょっと申し上げていますが、遺伝子組換えというのは今議論されている血漿由来の成分である分画として使われているものに非常に大きな影響を及ぼすということで、政策的にそれを統合してどのように判断を下していくかという検討ができる、そういう部会というか、法的な意味での裏付けのある決定を下せるような、そういうシステムを作り上げることが肝心であろうというように思っております。

実際のところ、日本国内では、牛は全頭検査が実施されていますし、そうした環境下であれば、国産の牛が原料であるゼラチンカプセルの品質は、維持できていると思います。でも、ゼラチンの多くは、国産ではないと思います。

吉野家も大変ですけどね

吉野家・・・私はあまり利用しませんけど、今回は大変な状態ですね。
原材料のすべてがアメリカ産の牛・・・在庫は1か月分しかなく、企業存続の危機です。
テレビでは、いつものごとく、訳知り顔の評論家先生が、こう仰っていました。

「吉野家は危機管理が出来ていない。材料の全てをアメリカからだけ輸入などとしているから、こうした事態になるのだ。なぜ、オーストラリアや他の国からも輸入するとかしていないのだ」

これだけ馬鹿な発言が出ると、アナウンサーも訂正に必死でした。

「吉野家さんは、お味の関係もあったようですが」

いつも、よくもこんな発言をする連中がしたり顔で画面に納まっているのか理解できないのですが、この自称評論家(ご存知かもしれませんが、評論家というのはすべて自称です・・・(^^;)先生は、肉質の違いと生産地域の関係を全くご存じないようでした。知らないなら、黙っているくらいの知恵は、ないのですかね・・・
全くアメリカ産の牛肉を使用していないと発表した日本マクドナルドですら、ホットドッグのソーセージの15%はアメリカ産の牛肉であったと訂正し、出荷を停止しました。
吉野家ような外食産業の危機の他に、まだ、気になる点があります。
それが、大量に消費されているゼラチンなんです・・・
困ったことに、ゼラチンの原材料は、危険性の比較的低いお肉ではなく、プリオンの危険性が説明される部位により近い、骨なんですよね。
若い女の子が、吉野家に行くことは、今でもそう多くはありませんけど、ゼラチンカプセルは、ほとんどの若い子達の口に入っています。
今回のBSeに汚染されている牛肉は、アメリカの8州とGUAMで消費されてしまったとの事・・・でも、まあ、お肉そのものの危険性は、骨の加工品ほどではないと思います・・・しかし、輸入されているゼラチンは、大丈夫なのでしょうか・・・。

一歩も引かないでね・・・厚生労働省と農水省

10年後に、日本人が口からよだれを流して、バタバタ倒れないようにするためにも、アメリカに対しても、強い姿勢で日本政府には望んでもらいたいものです。
社会的な影響が大きかろうが、健康にかかわる問題なのだから・・・。
しかし、吉野家は、大丈夫だろうか・・・???

ps

私を良く知る友人は、私がus牛を好んで食べることをご存知だと思います。
今回の件があったので、当分そうした料理は・・・止めときます・・・。

ps2

私は、この分野には、それほど専門的な知識はもっていませんので、その点、お気にお留めくださいませ・・・。

-広告について-

Google
  Web www.calvadoshof.com